新築住宅で「坪単価〇〇万円」という"目安"

注文住宅は、その価格の相場観を表現するために、よく「坪単価」という表現が使われます。住宅の床面積"1坪あたりいくらか"と いうことですが、1坪は約3.3㎡で、大体ですがタタミ2畳分の床面積を指します。地元密着の工務店や建築会社ですと、55万円/1坪くらいでしょうか。大手ハウスメーカーですと同じ間取りでも70~80万円/1坪が平均的だと思います。ローコストを謳う建築会社ですと30万円/1坪という新築住宅もあるようです。この坪単価の違いは、使用する素材の違いだと思われるかもしれませんが、実はそうとも限りません。例えば木造建築と重量鉄骨など、構造そのものが違う場合には、坪単価が大きくかけ離れても不自然ではありませんが、同じ木造建築で同じような部材を使用した住宅であれば、建築部材(建材)は、建材メーカーが作っているので、建築する会社ごとに値段が大幅に乖離することはあまり考えられません。ではなぜ同じ見た目でも建築会社によって30万円/1坪~80万円/1坪という、倍以上の幅があるのでしょうか。注意が必要なのは、極端に安い住宅の場合、目に見えない部分の材料がギリギリまで節約されていたりするため、特に構造が心配です。逆に高い住宅はどうでしょうか。坪単価とは、住宅を建てるために必要な数千・数万という数の部材を算出し、そこに建築会社の広告・営業経費・事務所経費と利益を合計した金額を、建物の面積(坪数)で割った、結果的な数字 ということになります。建築会社ごとに最も異なるのは「広告・営業経費・事務所経費」です。TVCMや大きな事務所等、コストをかけすぎると、当然、住宅の販売価格に影響してしまいます。弊社の経験則からの話になりますが、よほど奇抜なことをしない限り、一般的な工務店では50万~60万/1坪になるのが適正な価格設定ではないかと思います。もちろん、合計金額を坪数で割った結果の金額であるため、使用する設備や条件によっては、坪単価だけを見てその住宅の良し悪しを決めることは出来ないので、あくまで"目安"ということになりますが、その住宅が「適正価格」かどうか、あとから後悔しないように、家づくりの際にはしっかりと見極めなくてはいけません。

設計料は納得できなければ返金保障

創健では、生活導線、耐震強度、長期的な性能維持、効率的な間取りを考え、プランニングを行っております。建築会社として考える、「本当に良いプラン」をご提案させて頂きますが、もし、私たちの考えたプランにご納得できなければ、お気軽に設計料の返金をお申し付けください。住宅は「人生最大の買い物」です。失敗や後悔が残らないよう、精一杯お客様の立場に立って家づくりを行いたいと考えております。


お打合せの流れ

弊社での家づくりの流れをご紹介いたします。

1. まずはお気軽にお問合せください

家づくりの第一歩は、情報収集です。創健がどんな会社か、どんな家を作るのか、まずは知って頂きたいと考えております。面談後には、ご希望を頂ければプランを作成致します。ご検討の上、ご判断ください。

2. 仮プラン作成

お客様のライフスタイルや将来的な希望を加味し、創健のプランナーが間取りを作成いたします。この時点で、耐震診断や詳細な計算も行います。図面やお見積書はお持ち帰り頂き、ご検討ください。

3. プラン修正、設備・デザインの検討

”この間取りで良いのか、このデザインで良いのか”十分にご検討いただき、納得できるまで修正を繰り返します。構造上、一定の強度とバランスを確保するため、設計に多少の制限は設けてありますが、出来るだけお客様のご要望に応えられるよう、精一杯工夫し、努力いたします。

4. 正式なご契約

プラン、お見積金額にご納得頂けた後に、正式に請負契約をさせて頂きます。責任をもってお客様の夢の家を作らせて頂きます。

創健の推奨規格プラン"四季の家"とは

弊社では、千葉県茂原市の風土に合った、4種類の規格プラン"四季の家"を推奨しています。この"四季の家"は、家事をする方の生活導線をベースに、建築基準法の1.5倍の強度と、長期耐震性を維持する柱直下率を高い水準で確保し、改正省エネルギー法をクリアする断熱性能を有する、高性能住宅です。規格プランとは言っても、お客様の土地の条件によって玄関方向が変わる等があるため、必ず一定の形で建てるという意味ではありません。高い性能を維持しながら、土地や隣地の条件によって、柔軟にカスタマイズプランをご提示させて頂きます。


主婦の為のちょうど良い家 SAKURA(桜)


光と空間の家 HIMAWARI(向日葵)


個性とデザインの家 SUSUKI(ススキ)


洗練されたスタンダードの家 SUISEN(水仙)